テーマ:

ひなまつりと道真公

先月の初旬、ショッピングセンター内を歩いていると たくさんの雛人形が展示販売されてありました。 大型のガラスケースに入ったお雛様を眺めていると お道具一式に、珍しく波兎模様があり 予定もないのに、、欲しくなってしまいました。 衝動買い出来る金額でもなく、パンフレットだけもらって帰りました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

導きは、ふとしたことから始まる!

ひと月前に、おすすめに出てきた 坂本廣志先生の動画を見ましたところ 興味深い話が、盛りだくさんで 夢中で見続けました。 体内に入り込んだ悪いエネルギーを 取り出して、消滅する方法などを 教えてくださり 私も、、出来るかしらと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松島で、宇宙のお祭り

鹽竈神社、百合神社と、 参拝することが出来て せっかく、ここまで来たのだからと 日本三景の一つである、松島に行く事にしました。 久しぶりに、観光地に来たとあって まるで、サザエさんのオープニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村松山 虚空蔵堂へ

息子たちが 十三詣りで頂いたお札を納めるために 東海村、村松にあります 虚空蔵菩薩さままで出かけてきました。 快晴のこの日は 大祭だったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初不動

今日は、初不動の日だと気がついて ご縁のある、お不動さんに 久しぶりに、お参りしてきました。 ピンク色の丸い 梵字のお供物を頂きました。 私のことを、覚えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東30番 高蔵寺

今月9日から10日にかけて 房総半島を、ぐるりと周って 笠森寺、清水寺、安房神社、那古寺と、参拝し 最後に、お参りしましたのは、 木更津の、高蔵寺でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東33番 那古寺

安房神社を参拝した後 同じ館山市内にあります 坂東観音霊場、33番札所であり、 結願寺であります、那古寺へとお参りしました。 駐車場に入る時も、出る時にも 地元のドライバーさんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東32番 清水寺

12月9日の夕がたに 坂東32番札所の清水寺へ参りました。 この時期、この時間のお寺参りは まるで、物語の一場面のように・・・ 実に、風情があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東 第31番 笠森寺

今月の9日、千葉県長生郡にあります 坂東31番札所、笠森観音へ お参りました。 赤ちゃんや小さな子どもたちを連れた家族が たくさん、お参りされていて 参道は、とても賑わっていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光明

久しぶりに お坊さんが唱える お経の響きに 頭の奥深くが くらくら しました。 光明真言 言霊、音霊の波動が 松果体に働きかけ 余計な力が抜けて 全てが調和するような …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波立薬師と弁天さま

何が起きたのか 何が起こっているのか 真実が知りたい。 その思いが届いたのか わかりませんが… 東日本大震災から、数週間経った頃から 夢の中で、被災地と思われる場所へ 何度も訪れるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保和苑 あじさいまつり

先日、水戸の保和苑のあじさいを見に行ってきました。 徳川光圀公が、お寺の庭を気にいって保和園と名付けられたのが始まりなのだそうです。 苑内には、約60種6000株以上のあじさいが咲いています。 隣接する、二十三夜尊桂岸寺は、 新義真言宗豊山派のお寺です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊夢の御答え

先ほどありました 霊夢の御答えを記事にして 記録をさせて頂きます。 数年前、古本を扱う書店で見つけました 「京都、寂光院の本」 その本を購入した日は、 本の巻末を見て・・ 建礼門院さまの御忌の日でして 何か意味があってのことでは・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東へ西へ

新しい年になりました、。 今年も、個人的な体験や思いを綴るこのブログを どうぞよろしくお願い致します。 今年は、自然を感じ、自然に親しみ 自分の浄化を進めること そしてお役に立てるようになることを テーマとして、考え、行動する一年にしたいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日

2013年も、あと数時間を残すだけとなりました。 今年も、当ブログに たくさんの方が訪れて下さり なんとか続けることが出来ました。 誠に、ありがとうございました。 書きたいことは、山ほどあった一年でしたが なかなか余裕が出来ずに・・・ あれよあれよと、時が過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日

今年も あとわずかですね 不思議な話をお読み下さり ありがとうございました。 たくさんの気持ち玉を ありがとうございました。 今年の後半には とても辛いことがあり いまだに、悲しみを 胸にひめておりますが その事をきっかけに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬師瑠璃光如来さま

今日は、年の瀬ですが お友達から、紹介された ある場所を訪れました。 その場所は 市内を一望出来る 見晴らしの良い場所で そこには、 地元の方によって… 大切にされている 如来様と菩薩様が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音巡礼 佐竹寺

今月三日、 常陸太田市にある 東国三十三観音巡礼 二十二番札所の 佐竹寺を参拝してきました。 茨城県内で最後の参拝となったのには… 十数年前に経験した ある出来事によって ためらう気持ちがあったからでした。 それは…まだ 前世の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村松山 虚空蔵堂

今月はじめ… 息子の十三参りで 日本三体の一である 村松山 虚空蔵堂へ行ってきました。 虚空蔵菩薩は、 大宇宙の如く、大きな功徳で 悩める全ての人々を救済する力を備えた菩薩であり 不思議な力によって、窮地に陥った者を救い 無限大の宇宙の宝庫から、人々に智慧と財を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東 18番 中禅寺

高速を降りて、いろは坂を登っていくと リゾート地の爽やかな雰囲気が出迎えてくれました。 外国の方も多くて、国際的にも有名な日光を日帰りするのが、とてももったいない感じでしたが 今日は、遊びにきたのではない…巡礼なのだと思い直して、中禅寺へと向かいました。 中禅寺湖のほとりにある、中禅寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東19番 大谷寺

東北自動車道を北上し、次に向かったのは、19番札所の大谷寺で、 大谷に訪れるのは、小学五年生の林間学校以来、三十年ぶりとなります。 見覚えのある、あの頃と全く変らない景色に、なんだか不思議な感じがしましたが、 この場所の引力のようなものに、自然と引き寄せられてやってきたような思いもしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東 17番 満願寺

東国三十三観音巡礼 栃木県にある、三か所のお寺を参拝してきました。 はじめに、栃木県栃木市にある、満願寺を目指しました。 栃木インターから、出流山に向かう道は、周囲が採石場のようで、大型のダンプと何度もすれ違いました。 ゴツゴツした岩がむきだしの山肌は、迫力があり、凄い所だなぁ~と、社会科見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音巡礼

今日は、東国三十三観音巡礼で 日帰りで、日光方面に行ってきました。 総移動距離、388km ちよっと、疲れています。 今夜は、早く寝たいと思います。 写真は、今日の男体山と中禅寺湖です。 いつも、ありがとうございます☆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流れをつくる

昨日の夜 主人が、「夏休みに伊勢神宮に行くか!」と 突然、言い出しました。 私が、前から何度も 「行きたいよ~」と言っても まったく聞いてもくれなかったのですが・・・・ 主人の「伊勢神宮」の言葉に次男が 「また~神社~?」 「絶対ヤダ~!行きたくない~」 と、言いたくなる気持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛久大仏  ~阿弥陀如来さま~

茨城県牛久市にある、牛久大仏に行って参りました。 神霊の流れによって、記事にするのが遅くなったため・・・ 実際に訪れたのは・・・4月19日でした。 主人の「行ってみようか!」の一言で・・・ 初めてギネス級の、お大仏様と対面しましたが・・・ 予想よりも大きくて驚きました。 写真では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神霊界の導き

5月9日の記事、「スピリチュアルな1日でした」に書きました 5月8日に起きた神秘現象の意味が分かりましたので 新たに、ご報告させていただきます。 車を運転中に、龍(龍神さま)の姿を目撃したことと、 入浴中に泡立てて、落ちた泡が、 大日如来さまのお姿に変化した超不思議な話を書きましたが・・・ その晩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more