導きは、ふとしたことから始まる!

ひと月前に、おすすめに出てきた




坂本廣志先生の動画を見ましたところ




興味深い話が、盛りだくさんで




夢中で見続けました。




体内に入り込んだ悪いエネルギーを




取り出して、消滅する方法などを





教えてくださり




私も、、出来るかしらと




見様見真似で行いましたが




自分の力不足を感じました。。




坂本先生の動画の中で




不動明王のお話しがあったことから




成田山新勝寺へ、




久しぶりに行くことにしました。




image0.png



拝殿の中は、たくさんの人がいて




御護摩祈祷が行われていました。




終わった後に、上がらせていただき




私も、お祈りを致しました。




image1.jpeg



お天気にも恵まれて




たくさんの参拝者もいて




昨年とは違う流れに




なっていることを実感しました。




image0.png





不動明王のエネルギーは




悪に立ち向かっていく



絶対的な力強さと




厳しさの中にある



慈悲深い心と




あらゆる事に負けない




揺るぎない心でいることだと




自分なりに解釈しています。




そのような人に、なりたいものです。




いつかは・・







手作りのお弁当を食べる場所を探して




階段を降りていくと




水の流れる音がしてきました。




あっ、滝がある!





image1.jpeg



近くまで行って見ることにしました。





動画を撮りました↓







滝行の場になっているような




感じがいたしました。




image0.png



滝があって




大きな池もあって




鴨がいて、鯉も泳いで




癒されながら




image1.png


お弁当を食べることが出来て




良かったです。



image0.png



心も、お腹も、満たされました!





階段を、上がってくると





参拝したかった、、





平和の大塔が、閉まっていました。





午後四時までだったようです。





前回来た時に、エネルギーを強く感じる




場所があったので




再度確認したかったのですが





次回、確認したいと思います。





すぐに気を取り直して




歩いて行きましたところ




光明堂の前にある




建物が気になりました。




清滝権現堂とあり




地主神の妙見菩薩さまと共に祀られている




清滝権現さまって、、




瀬織津姫のことだわ、、




今になって、気づきました。




参拝させていただきましたが、





表現が難しいのですが




圧迫するような




歪み、捻れのような





なんなのだろう。。





撮影は、この日は無理でした。





調べてみなくては、、




もやもやしながら




歩いて行くと





image0.jpeg



天満宮の紅梅が、




美しく咲いていました。




image1.png



釈迦堂の狛犬さんと、橙



そして、、




この6時間後に、




答え合わせをするかのように




大きな地震がありました。。




調べてみると




成田山新勝寺の清滝権現さまは、




京都の醍醐寺から勧請されたとわかりました。




清瀧権現は、善女龍王として



インド、中国で信仰されて



空海が、中国・青龍寺で学び




帰国する船中にも現れて




日本にも飛来し、複数の寺を巡った後




醍醐寺の山頂に降臨し留まり




真言密教を守護する女神となった」




(Wikipediaより)




真言密教を守護する女神さま





清龍権現さまが




瀬織津姫である・・と思うのは




自然なことですが




気になってしまうことがあります。






醍醐寺は、その名前の通り




醍醐天皇とご縁が深いですが




なんとなくですが、




成田山の清滝権現さまでの





違和感の意味がわかってきました。







昨年記事にいたしました、、




湯島の天神さまとガネーシャ、





猿田彦、饒速日、瀬織津姫を





追いかけた記事を書いていた流れで





私が感じていたことと同じことを





坂本廣志先生が、




「菅原道真さまの母が女神様だった」と





動画の中で仰っていました。





私は、その女神さまは






瀬織津姫と同神





または、系列の女神さまだと




感じていたのです。。





醍醐天皇と菅原道真公の関係性と




醍醐寺の清龍権現のことを




考える機会を与えてくださったように




感じました。





image1.jpeg



長い文章をお読みくださりありがとうございます。