いばらキッス

2月3日立春になり



七十二候の第一候




東風解凍(こち こおりをとく)




「東から吹く風が氷を解かす」に



なりました。




東風から




暖かい南風も感じられ




なんだか春めいてきましたね。





心新たに、




令和三年をスタートしたいです。






数年前のこの季節に




たまたま安くなっていた苺を買って




食べたのですが、、




自分史上、最高の美味しさで




その甘さに、びっくりしたことがあり




それ以来




見つけた時には、必ず買うのですが、




今年も見つけました!




image0.png




1997年に、




レッドパールと章姫を交配した




ひたち1号が、父親になり




とちおとめが、母親となって




交配、選抜、育成されて




2012年に誕生したのが、




「いばらキッス」なのだそうです。




image2.jpeg

「糖度が高く



ほどよい酸味のバランスが合わさり




濃厚な甘酸っぱさを楽しめる」




そうです!



そうなのです!




image1.png


苺が、収納されていたパックは、



柔らかい伸縮性のあるビニールが、



苺をゆりかごのように




優しく受けとめてくれる




2段構造になっていて




生産者さんの




苺に対する愛情と




消費者に対する思いやりを感じました。




image1.jpeg




日本人の細やかな心の表れですね。





大手のスーパーにある




地元の生産者コーナーで





ベビーリーフやトマト





人参、蓮根も





よく買います!




隣県の福島のお野菜も




三春のハーブも買います!





身土不二、地産地消ですね。





image0.png



今回のいばらキッスは、




練乳をかけて食べました。




美味しかったです。



お読みくださりありがとうございます。